バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
バレない復讐として復讐代行を使うのは有効
0

    復讐をするのであればバレない方がいいというのは誰でもそう考えるものです。


    が、状況によって絶対にバレてはいけないシチュエーションであることもあります。


    そのような場合であっても復讐ををしたいのであれば復讐代行が有効な手段となります。

     


    なぜ推すかという理由は簡単な話で「自分で動かずに復讐することができる」からです。


    絶対にバレてはいけないケースにおいて自分が動き痕跡を残すことは避けるべきもの。


    であれば自分で動かない復讐をするべきですから、復讐代行は有効な選択肢になります。

     


    当然ながら相応のコストを費やすことになりますので、それでも復讐をする意義があるかどうか考えるべきでしょう。


    意義があるという結論になったのであれば迷わず相談することをオススメします。


    この手の恨みや復讐というのは待っていても仕方のないことですから。

    | バレない復讐を依頼する | 14:35 | comments(0) | - |
    バレない復讐は手段の違いではない
    0

      バレない復讐をするための方法を探すというのは残念ながら間違いです。


      手段が違うからバレないという側面は確かにありますが、同じ手段でもバレるバレないという違いは存在します。

       


      どうしてバレるのかといえば自分が復讐を実行した痕跡なり証拠が残ってしまうからです。


      であれば、それらが残らないようにすればどんな手段でもバレない復讐となりえます。


      もちろん必ず痕跡が残ってしまうような手段もありますから、それらは使えないということになるでしょう。

       


      最も簡単な方策としては自分で実行せず他人に任せてしまうことです。


      これは当然ながら自分が動いた痕跡の残りようがありませんから、実行者と自分の繋がりさえ消せれば証拠も残りません。


      逆に難しいのは自分で実行しておきながら痕跡や証拠を残さないということでしょう。


      それだけ第三者である復讐屋などに依頼するというのはバレない復讐において有用なのです。

      | バレない復讐の仕方を練っていくには | 13:29 | comments(0) | - |
      シチュエーションによってバレない復讐方法は変わる
      0

        一言でバレない復讐といってもシチュエーションによって詳細は異なります。


        あくまで例えばの話ですが家族に雑巾の絞り汁を飲ませたいなら自分でお茶を入れれば良いだけです。


        ここで自分が動くとリスクだからといって復讐屋に依頼してしまっては怪しい動きになってしまいます。


        補足ですがシチュエーションとしては宅内での話ということになります。

         


        しかし家族で飲食店に赴いた時に飲ませるという時はどうでしょう。


        復讐屋が待機している店まで誘導しなくてはいけませんが、そこは割引券なり何なり用意すれば良いでしょう。


        誘導できたところで、ここでは自分が動くことの方が余計なリスクを生むという状況になります。


        同じ目的でもシチュエーションによって細かい動きは異なるというのがお分かり頂けたかと思います。

         


        包括的なことを言えばバレない復讐というのは自分はアリバイ作りに徹して他人に動いてもらうことが最善です。


        しかし細かく見ていくと必ずしもその通りではない、というか例外があるということです。


        そのあたりを埋める為に復讐屋に相談というのも良い選択肢になり得るはずです。

        | バレない復讐の仕方を練っていくには | 15:44 | comments(0) | - |
        バレない復讐かどうかは実行前に決まる
        0

          バレない復讐にしたいという考えの基、計画を練って実行する際にもバレないように心がけようと考える方がいます。


          結果としてその計画は往々にしてバレてしまうのですが、その原因となるのが計画の甘さです。


          言い方を変えれば計画の段階でバレるかバレないか決まっているので実行の時点でそれを心配する必要がないのです。

           


          バレるかバレないか可能性でものを考えているというケースが殆どだと思います。


          そもそも確率で物事を考えるなら最悪のケースを常に選択し、想定を進めていくべきです。


          良い方向に想定を流してしまうのは、正に計画が甘いといえるでしょう。

           


          自分で復讐を実行に移すならバレるのを前提に動いていくべきとも言えます。


          動けば何かしらの痕跡が残るのは道理ですから、残っても良い痕跡にしてしまうのが最善策になります。


          具体的には自分ではなく第三者、復讐屋などが実行すれば痕跡が残ったとしても自分には繋がってきません。


          このように常に最悪の選択肢が選ばれたとしても問題ないように計画することがバレない復讐を実行するための最短ルートなのです。

          | バレない復讐の仕方を練っていくには | 17:37 | comments(0) | - |
          シンプルな方法ほどバレない復讐
          0

            バレない復讐ということを意識しすぎて色々と複雑なことを考えてしまう人は少なくありません。


            しかしそういう時こそシンプルに考えることがバレない復讐への近道と思った方が良いでしょう。

             


            そもそもなぜバレるのか、ということを考えれば答えは自ずと出てくるはずです。


            原因は自分が復讐したという証拠が残ってしまうからに他ありません。


            物証なりアリバイなり可能性があると判断された時点で相手からすれば犯人の一人です。


            更に深掘りすれば証拠が残る原因は難しいことをやっているからです。


            シンプルな行動ほど目につかないのは当然のこと、復讐の痕跡というのは残りにくくなっていきます。

             


            もちろん別の解決策として復讐屋を使うというのも非常に有効です。


            そもそもの話、バレたくないのは「自分がやった」ということであって「復讐の事実」ではありません。


            第三者に任せている間に自分はアリバイ作りでもしていれば間違いないというものです。

            | バレない復讐の仕方を練っていくには | 19:54 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ