バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
<< バレない復讐を直接的にできるのか | main | バレない復讐とはいえ絶対ではない >>
バレない復讐=安全という訳ではない
0

    安全に恨みを晴らす為にはバレない復讐を、という考え方は一見正しいようで実は落とし穴もあります。


    そもそもバレない復讐=安全ということではないのです。

     


    なぜならバレない復讐というのは非常に色々なことに対して気を遣います。


    特にターゲットに自分が動いていることを一切悟らせないようにしなければなりません。


    そのような状況を作ったとしても偶然ターゲットが容疑者としてあなたをピックアップしてしまうこともあります。


    ですからターゲットへの考慮以外にもアリバイ作りなど様々なことを考える必要があるのです。

     


    にも関わらず痕跡を残さないことにしか注意がいかず、偶然の一致を無視して進めて万が一があれば・・・もうお分かりですね。


    バレない復讐が必ずしも安全だとは言い切れないのです。


    また自分で実行しようとした場合アリバイを作ることはできません。


    その対策として復讐屋など第三者に依頼して自分はアリバイ作りをするという手段があります。


    ここまでやればそうそうリスクが大きくなることはありませんが、復讐屋を使ってまでやる復讐なのかというジレンマも起きます。


    もちろん恨みは晴らすべきですが、どこまで大きなことをしてでもという考えなのかは人それぞれです。


    人それぞれだからこそ自分なりに検討して復讐屋も利用するかどうかを自分で決定しなければならないのです。

     

    | バレない復讐方法の考え方 | 13:46 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 13:46 | - | - |









      + CATEGORIES
      + LINKS
      + SELECTED ENTRIES
      + ARCHIVES
      + RANK
      + MOBILE
      qrcode
      + OTHERS
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      + PR
      このページの先頭へ