バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
バレない復讐は存在するし、至って方法もシンプルである
0

    バレない復讐という視点から考えてしまうと、何か非常に難しいことを模索しているような錯覚に陥ってしまうもので、存在すら疑わしくなったりもするでしょう。


    しかしシンプルに考えればバレない復讐というのはそこまで難しいものではありませんし、誰にでも思いつくことはできます。


    もちろんそこから実行可能なものかどうかというのは考慮する必要がありますが、バレない方法がシンプルなものであると理解できたということは一歩前に進んだということです。


    一歩ずつ次に進んでいくことによって物事は解決しますから、その一歩は無駄ではありませんし有意義な一歩であることは間違いありません。

     


    どういう考え方がバレない復讐には必要かというと、「実行してバレないか」ではなく「相手に実行者が分からない方法」がどういうものか、相手視点で考えることが大事です。


    自分でアレコレやって相手にバレないかという自分目線で考えてしまうと、都合よく解釈したり歪んた想定でものごとを考えてしまい、結果としてバレます。


    そうではなく相手からすればこうされたら実行者が分からなくなるだろうという相手目線の想定を行なうことによってシンプルに計画を構築していくことができます。

     


    あとは自分でそれを実行することができるのか、また誰かに実行してもらうとして候補はいるのか、などなど次のステップに進むことができるわけです。


    バレない復讐というのはとても理想的なものに聞こえますから、さぞかし大変なのだろうと錯覚してしまうのも無理はありません。


    しかし合法的な復讐というのがごくごく普通であるように、バレない復讐というのもイメージとは真逆でシンプルに考えることができんです。

    | バレない復讐は本当にあるのか | 20:45 | comments(0) | - |
    バレない復讐は時と場合によって不可能なケースもある
    0

      どんな場合においてもバレない復讐というのが可能ということではなく、それ自体が不可能なケースも存在します。


      例えば職場での復讐を計画したとして、相手からすれば恨まれるような人物が自分しかいない場合というのは非常に難しいものとなります。


      どれだけ物的証拠がない状態でも思い込みというのはありますから、表面上バレていないとしてもバレない復讐とは言えません。

       


      また職場内の機器を使って復讐を実行しようとする時は注意すべきで、大きな会社ほど誰がなにをしたのか分かるようになっています。


      あくまで職場内で復讐をしようとした場合、ということになりまので回避策としては復讐の話を職場絡みの会社外でなど、方法がないこともないです。


      しかし復讐というのは自分が納得いく方法でこそ恨みが晴れるという側面もあるので必ずしもその回避策が正しいとも限りません。

       


      バレない復讐が可能な場合というのがケースバイケースであると同時に恨みが晴れる復讐方法もケースバイケースとなります。


      それぞれの復讐がごく限定的なものであるということが一番の理由ですが、なによりも復讐を実行する自分自身が復讐に対して経験不足というのもあるでしょう。


      復讐屋などを介入させれば解決することもありますが、あくまで手段の1つとして考えて色々な選択肢を検討してみると良いかもしれません。

      | バレない復讐は本当にあるのか | 22:04 | comments(0) | - |
      バレない復讐のキモは証拠が残らないかどうか
      0

        バレない復讐といっても方法は様々で、状況によっても適切な方法が変わってきます。


        しかし本質的なところは常に同じですから、それを重視していくことが大切になってきます。


        結論からいえばバレない復讐の本質は痕跡や証拠が残らないかどうかです。

         


        ターゲットの目の前に自分が現れて復讐を実行した。


        ここまで単純な話もそうありませんが、このケースでは相手の前に現れたことが復讐を実行した証拠となります。


        つまりバレているということです。


        では同じ行為をターゲットも知らないような第三者が実行したら自分が画策したことだとバレるでしょうか?


        答えとしては確信をもってバレることはないが可能性として疑われることはあり得る。


        要するに半分バレない復讐どまりであるということになります。

         


        ではこれを完全にバレない復讐とするにはどうすればよいか。


        これは簡単な話でアリバイを作っておけば良いのです。


        あくまでターゲットは首謀者である可能性しか考えていません。


        なぜなら完全な第三者が実行しているのですから自分との繋がりを認識できないし、自分が目の前に現れた訳でもないからです。


        ですので可能性を潰せば良いということで声高に主張できるアリバイを作ろうという話です。


        特に恨んでいないターゲットの知人などと過ごしていると完璧でしょう。


        こうしてバレない復讐方法を作っていけば良いのです。

        | バレない復讐は本当にあるのか | 15:30 | comments(0) | - |
        バレない復讐を直接的にできるのか
        0

          バレない復讐を直接的にできるのかといえば非常に難しい問題といえます。


          が、できないこともないというのが答えになると思います。

           


          結局のところバレない復讐を実現するために必要なのは直接的な復讐か間接的な復讐かというのは関係ありません。


          自分が動いていることをターゲットに知られなければ良いだけなのです。


          つまりは自らの手でターゲットに対して直接的に復讐というのは必ずバレますが、他人を使って直接的な復讐を実行すれば良いのです。

           


          分かりやすいところでいけば復讐屋はバレない復讐をするために最も向いた選択肢といえます。


          そもそもが依頼者側である自分と実行側の業者が裏はつながっていますが表向きは赤の他人もいいところなのです。


          これを何の裏情報もなしに看破することは不可能ですから、そこで繋がりというのは断絶します。


          それゆえにバレない復讐を一番実現しやすい選択肢となっているのです。

          | バレない復讐は本当にあるのか | 13:56 | comments(0) | - |
          バレない復讐というのは本当に存在する
          0

            バレない復讐をすることに意識がいってしまい本質的に恨みが晴れないというのは本末転倒ですが、バレない確証がないと実行できない方がいるのもまた事実でしょう。


            しかしバレない復讐というのは本当に存在するのかという疑問を、この手の方は常々考えていたりもします。


            そこで今回はどういうケースがバレない復讐なのかを考えていきたいと思います。

             


            そもそも結果としてバレなかったというのは、ターゲットが原因不明のネガティブな現象を体験したという意識になります。


            「なんで自分がこんな目に遭わないといけないのか・・・」とか、そもそもの理由が全く不明なまま被害を受けるという形、これがバレない復讐の着地点になります。


            逆にどれだけ精巧に計画を練っていても「もしかして○○が恨んでやったのか?」などと首謀者の候補が出てしまうような状況になると、リスクは高くなります。


            とはいえ首謀者と思われてしまった人物が全くの別人であれば良いので、そこまで危険度が増す訳ではありません。

             


            重要なのは自分の痕跡を全く残さないようにすることです。


            だからこそバレない復讐を本当にやりたいのであれば、第三者を使うべきなのです。


            友人知人では自分との繋がりがありますからリスクは高まります。


            しかし復讐屋などの完全な第三者であれば表向きの繋がりがなくなりますからリスクは極限まで下がる訳です。

             


            バレないようにしようとすると自分一人でと考えてしまいがちですが、それは誤りであると言わざるを得ません。


            本当にバレない復讐というのは自分が一切動いていない状態でアリバイもあるのに、復讐が進行している状態を指します。

             

            | バレない復讐は本当にあるのか | 20:28 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ