バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
バレない復讐を直接的にできるのか
0

    バレない復讐を直接的にできるのかといえば非常に難しい問題といえます。


    が、できないこともないというのが答えになると思います。

     


    結局のところバレない復讐を実現するために必要なのは直接的な復讐か間接的な復讐かというのは関係ありません。


    自分が動いていることをターゲットに知られなければ良いだけなのです。


    つまりは自らの手でターゲットに対して直接的に復讐というのは必ずバレますが、他人を使って直接的な復讐を実行すれば良いのです。

     


    分かりやすいところでいけば復讐屋はバレない復讐をするために最も向いた選択肢といえます。


    そもそもが依頼者側である自分と実行側の業者が裏はつながっていますが表向きは赤の他人もいいところなのです。


    これを何の裏情報もなしに看破することは不可能ですから、そこで繋がりというのは断絶します。


    それゆえにバレない復讐を一番実現しやすい選択肢となっているのです。

    | バレない復讐は本当にあるのか | 13:56 | comments(0) | - |
    バレない復讐というのは本当に存在する
    0

      バレない復讐をすることに意識がいってしまい本質的に恨みが晴れないというのは本末転倒ですが、バレない確証がないと実行できない方がいるのもまた事実でしょう。


      しかしバレない復讐というのは本当に存在するのかという疑問を、この手の方は常々考えていたりもします。


      そこで今回はどういうケースがバレない復讐なのかを考えていきたいと思います。

       


      そもそも結果としてバレなかったというのは、ターゲットが原因不明のネガティブな現象を体験したという意識になります。


      「なんで自分がこんな目に遭わないといけないのか・・・」とか、そもそもの理由が全く不明なまま被害を受けるという形、これがバレない復讐の着地点になります。


      逆にどれだけ精巧に計画を練っていても「もしかして○○が恨んでやったのか?」などと首謀者の候補が出てしまうような状況になると、リスクは高くなります。


      とはいえ首謀者と思われてしまった人物が全くの別人であれば良いので、そこまで危険度が増す訳ではありません。

       


      重要なのは自分の痕跡を全く残さないようにすることです。


      だからこそバレない復讐を本当にやりたいのであれば、第三者を使うべきなのです。


      友人知人では自分との繋がりがありますからリスクは高まります。


      しかし復讐屋などの完全な第三者であれば表向きの繋がりがなくなりますからリスクは極限まで下がる訳です。

       


      バレないようにしようとすると自分一人でと考えてしまいがちですが、それは誤りであると言わざるを得ません。


      本当にバレない復讐というのは自分が一切動いていない状態でアリバイもあるのに、復讐が進行している状態を指します。

       

      | バレない復讐は本当にあるのか | 20:28 | comments(0) | - |
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + SELECTED ENTRIES
      + ARCHIVES
      + RANK
      + MOBILE
      qrcode
      + OTHERS
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      + PR
      このページの先頭へ