バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
職場でバレない復讐を自らの手でやることは難しい
0

    職場というのは大きなコミュニティのようで、実は小さなコミュニティがつながって形成されています。


    大企業であればその小さな塊が膨大な数になりますし、従業員が数名の会社だと1つのコミュニティという解釈です。


    それがバレない復讐とどう関係してくるかというと、小さなコミュニティがゆえに自分の手で復讐を実行すると大概バレルという話です。

     


    考えてみてください、あなたの机の隣で同僚が不審な動きをしていたら基本的に気づくはずです。


    ましてや復讐というのは恨みが大きければ大掛かりなことをしないと晴れませんから、動きも大きくなってしまいます。


    それをバレないようにするという方が難しいですし、たとえ人がいない時間帯に動いたとしても監視カメラなども存在しています。

     


    このように職場というのは監視社会で成り立っているといっても過言ではない状態ですので、基本的に自分で実行することは放棄しましょう。


    じゃあ誰にやらせるのかといえば、復讐屋など見ず知らずの第三者に介入させるのが最も手っ取り早い方法といえます。


    もしくは職場外に復讐の場を探るという動きもアリですが、シンプルかつイージーなのは復讐屋の方でしょう。

    | 間接的にバレない復讐をする | 17:58 | comments(0) | - |
    バレない復讐をするなら間接的な方法は理想
    0

      バレない復讐を自分でやるにはどうすれば良いのか、というジレンマめいたことを考える方は非常に多いです。


      そんな中で間接的に復讐してしまえばいいと思い至った方はかなり的を得ているのではないでしょうか。


      結局は自分で動くからバレてしまう訳で、逆に間接的な復讐をしてしまえば良い。


      考え方としては最適解なのではないかと思います。

       


      ただ事実として問題点というか懸念すべきところも存在しています。


      それが「誰に頼む(使う)のか」です。


      間接的にバレない復讐をするのであれば、誰かしらが間に挟まっていないと成立しません。


      その誰かが自分と直接つながっているかどうかに関わらず第三者が登場しないことには間接的とは言えません。


      友人や知人に頼むにしても交友関係からバレる可能性もあります。


      そもそもターゲットと仲がよく、そこからバレるリスクもあるでしょう。

       


      そうなってくると第三者が良いという結論になると思います。


      しかしどうやって依頼する?もしくは利用する?というところに詰まってしまうでしょう。


      解決策としては復讐屋などの復讐請負人です。


      完全な第三者でかつ復讐に長けている存在はこれ以外に選択肢がありませんから検討する余地はあるでしょう。


      ただし業者ですから相応のコストはかかります。


      そこまでして復讐する意味があるのか考える必要はありますが、第三者ですのでバレない復讐という前提は達成できるでしょう。

      | 間接的にバレない復讐をする | 16:02 | comments(0) | - |
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + SELECTED ENTRIES
      + ARCHIVES
      + RANK
      + MOBILE
      qrcode
      + OTHERS
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      + PR
      このページの先頭へ