バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
バレない復讐の条件に内容の程度は関係ない
0

    バレない復讐を意識するあまり、復讐方法や内容を大人しくしようとしていないでしょうか?


    結論からいえばバレない復讐というものに方法や内容の程度が関係してくることはありません。


    つまりは違うベクトルで復讐について考えていかないとバレない復讐を実現することは難しいでしょう。

     


    ではどういうことが必要なのかというと、後にも先にも「自分にたどり着かない復讐計画」が必要です。


    噛み砕けば計画の痕跡を残さないとか、証拠を残さないという言葉にも言い換えることができます。


    結局のところバレない復讐というのは痕跡を追っても自分にたどり着かなければOKなのです。

     


    そりゃバレないから当然だろうと思うのも分かりますが、重要なのは自分にたどり着かないことです。


    第三者が復讐を実行して痕跡が残ったとしても、それは自分にたどり着かないですから、この問題はクリアしています。


    だからこそ復讐屋などの代行業者に対する需要が減らないということにも言い換えることができます。

    | バレない復讐方法の考え方 | 23:59 | comments(0) | - |
    上司へのバレない復讐は会社の規模で決める
    0

      上司に復讐したいがバレないようにしたいというのは、平穏な社会人生活を継続していく中で当然の考えといえます。


      しかしどうすればバレない復讐になるかは自分と上司の関係性というよりかは会社の規模感で妥当な対応が変わってきます。

       


      例えば中小企業づとめだと周囲の距離感というのは非常に近いものであるはずです。


      それこそ平社員が社長と話すことさえできる会社もあるくらいですから、誰かが何かをやればバレやすいということになります。


      しかし大企業だと自分の周りにあるコミュニティは会社のごく一部ということになりますので、例えば不正を法務に密告するなどもバレずにできます。

       


      そういった自分の環境や状況を見て、何をすべきか検討していくことが上司に対するバレない復讐の第一歩です。


      自分一人でもどうにかできそうであれば計画を立案して実行までこぎつけるもよし、


      なかなか自分では難しいということなら復讐屋などの第三者に代行してもらうのもアリです。


      どんな会社規模であっても第三者の行動が自分とつながっているというのは依頼した相手にしか分かりませんから、リスクを抑える一手にもなるのです。

      | バレない復讐方法の考え方 | 13:23 | comments(0) | - |
      バレない復讐を成立させるための解決策
      0

        バレない復讐というのは魔法のようなものではなく、順序立てて綿密に計画された復讐方法の一つです。


        つまりは実現可能なものですべきことをすればおおよそのケースにおいてバレないようにすることが可能ということになります。


        もちろん例外もありますがあくまで少数だからこその例外ですし、まずはそれが可能なのかどうかを検討するところからスタートします。

         


        解決策として考えるべきは、どうすればターゲットの相手から自分がやったと確信されないように計画を練るかということです。


        バレない復讐=誰にも見つからないようにするというのは極端に考え過ぎですし、そこまで話を難しくする必要はありません。


        あくまで自分がやったと相手に分からないようにするだけで良いのです。

         


        最も手軽な解決策は自分で何も実行せず他人に任せてしまうということが挙げられます。


        また傍からみて自分と実行者が全く繋がりがないように見せることができれば、更に堅実なものとなっていきます。


        結局のところは全てを逆算していくだけで解決および成立するものですから難しく考えない方が話も早いのです。

        | バレない復讐方法の考え方 | 14:47 | comments(0) | - |
        物理的にバレない復讐を実行するには
        0

          結局のところ物理的な復讐というのは殆どが法に触れる行為であることだったりします。


          ごく一部を除いて法に触れるということはバレるバレないにかかわらず実行にはリスクを伴うということです。

           


          個人的に法に触れるような復讐というのは推奨しませんし、合法的な復讐だけでことが済みます。


          例外として物理的で合法の復讐をバレないようにするということであれば選択肢は1つしかありません。


          それは自分で実行せず第三者に任せてしまうということです。

           


          しかしこの手のケースでは第三者に任せるデメリットが大きくなる可能性も秘めています。


          それが物理的に何かしらの復讐をしたということ以外で法に触れる可能性です。


          例えば第三者が入っていけないところに行く必要があるだとか、自分であればOK、他人だとNGなパターンです。


          こういうリスクもありますので、あまり直接的な復讐というのはオススメできないのです。

           


          もちろん素人では考えつかないことを復讐屋は業務として実行したりもします。


          が、リスク管理というのは非常に重要ですので復讐屋を使ったとしてもよく相談した方が良いでしょう。

          | バレない復讐方法の考え方 | 14:27 | comments(0) | - |
          バレない復讐とはいえ絶対ではない
          0

            いくらバレない復讐を考えたとしても、特定の状況によって絶対バレないとは言い切れません。


            例えば自分で動くことによって痕跡が残ってしまえば絶対ではないというのはお分かりだと思います。


            では上記を考慮して第三者の復讐屋などに依頼した場合はどうでしょうか。

             


            結論としては、これでも絶対バレないとは言い切れません。


            ケース別に考えていくと仮に第三者が実行したとしても偶然ターゲットが自分を疑えばバレる可能性があります。


            だからこそ他人に依頼したとしてもターゲットに疑われる可能性を潰す必要があるのです。

             


            具体的な方策としてはターゲットと共通の友人がいるなら、その人と過ごしているのが良いと思います。


            そうすることで完全なアリバイを手にすることができますのでほぼほぼ絶対バレないというような状況になります。


            しかし絶対・100%と過信できないのが復讐ですので万全を期すことが大切でしょう。

            | バレない復讐方法の考え方 | 14:21 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ