バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
物理的にバレない復讐を実行するには
0

    結局のところ物理的な復讐というのは殆どが法に触れる行為であることだったりします。


    ごく一部を除いて法に触れるということはバレるバレないにかかわらず実行にはリスクを伴うということです。

     


    個人的に法に触れるような復讐というのは推奨しませんし、合法的な復讐だけでことが済みます。


    例外として物理的で合法の復讐をバレないようにするということであれば選択肢は1つしかありません。


    それは自分で実行せず第三者に任せてしまうということです。

     


    しかしこの手のケースでは第三者に任せるデメリットが大きくなる可能性も秘めています。


    それが物理的に何かしらの復讐をしたということ以外で法に触れる可能性です。


    例えば第三者が入っていけないところに行く必要があるだとか、自分であればOK、他人だとNGなパターンです。


    こういうリスクもありますので、あまり直接的な復讐というのはオススメできないのです。

     


    もちろん素人では考えつかないことを復讐屋は業務として実行したりもします。


    が、リスク管理というのは非常に重要ですので復讐屋を使ったとしてもよく相談した方が良いでしょう。

    | バレない復讐方法の考え方 | 14:27 | comments(0) | - |
    バレない復讐とはいえ絶対ではない
    0

      いくらバレない復讐を考えたとしても、特定の状況によって絶対バレないとは言い切れません。


      例えば自分で動くことによって痕跡が残ってしまえば絶対ではないというのはお分かりだと思います。


      では上記を考慮して第三者の復讐屋などに依頼した場合はどうでしょうか。

       


      結論としては、これでも絶対バレないとは言い切れません。


      ケース別に考えていくと仮に第三者が実行したとしても偶然ターゲットが自分を疑えばバレる可能性があります。


      だからこそ他人に依頼したとしてもターゲットに疑われる可能性を潰す必要があるのです。

       


      具体的な方策としてはターゲットと共通の友人がいるなら、その人と過ごしているのが良いと思います。


      そうすることで完全なアリバイを手にすることができますのでほぼほぼ絶対バレないというような状況になります。


      しかし絶対・100%と過信できないのが復讐ですので万全を期すことが大切でしょう。

      | バレない復讐方法の考え方 | 14:21 | comments(0) | - |
      バレない復讐=安全という訳ではない
      0

        安全に恨みを晴らす為にはバレない復讐を、という考え方は一見正しいようで実は落とし穴もあります。


        そもそもバレない復讐=安全ということではないのです。

         


        なぜならバレない復讐というのは非常に色々なことに対して気を遣います。


        特にターゲットに自分が動いていることを一切悟らせないようにしなければなりません。


        そのような状況を作ったとしても偶然ターゲットが容疑者としてあなたをピックアップしてしまうこともあります。


        ですからターゲットへの考慮以外にもアリバイ作りなど様々なことを考える必要があるのです。

         


        にも関わらず痕跡を残さないことにしか注意がいかず、偶然の一致を無視して進めて万が一があれば・・・もうお分かりですね。


        バレない復讐が必ずしも安全だとは言い切れないのです。


        また自分で実行しようとした場合アリバイを作ることはできません。


        その対策として復讐屋など第三者に依頼して自分はアリバイ作りをするという手段があります。


        ここまでやればそうそうリスクが大きくなることはありませんが、復讐屋を使ってまでやる復讐なのかというジレンマも起きます。


        もちろん恨みは晴らすべきですが、どこまで大きなことをしてでもという考えなのかは人それぞれです。


        人それぞれだからこそ自分なりに検討して復讐屋も利用するかどうかを自分で決定しなければならないのです。

         

        | バレない復讐方法の考え方 | 13:46 | comments(0) | - |
        自分でバレない復讐をやるなら
        0

          基本的に自分で復讐をやってしまうと痕跡が残りやすくバレる可能性が上がります。


          しかしどうにか自分でバレない復讐をやりたいという方のために今回は方法を考えてみたいと思います。

           


          さて、まず大前提として復讐のターゲットと自分は面識があるというケースが大多数のはずです。


          つまり目の前で何かしらのアクションを起こせば自分がやったとターゲットに認識される可能性が高いというか、確実に認識されるわけです。


          そこを回避していくところからバレない復讐は始まるということになります。

           


          まずターゲットとリアルタイムに接触する形の復讐を自分一人で実行することは不可能ということになります。


          逆にいえばターゲットがいない間に様々な工作を仕掛けていくということが重要になってきますね。


          あるいは人づてに何かしらの情報操作を行なっていくという方策もありますが元を辿っていくと自分に行き着くのであまりオススメしません。


          せいぜいターゲットのことを嫌っている人物に何かを吹き込むくらいが良いでしょう。

           


          こうなってくるとターゲットの行動パターンを把握することは相当重要になってきます。


          もしもこの過程で弱味を握ることができれば有利にことが運ぶので色々と調べてみると良いでしょう。


          そしてその結果から何をどうすることで先に繋がるのかということを検討しないことには始まりません。


          最悪自分でどうすることもできないとしても復讐屋などもいますから、そちらを検討という流れになるでしょう。

          | バレない復讐方法の考え方 | 15:53 | comments(0) | - |
          バレない復讐方法は直ぐに作り出せる
          0

            バレない復讐方法を考える上で意外と忘れがちなのが「自分が動く必要はない」という点です。


            どんな方法であろうと自分でやろうとしていませんか?


            そもそもこれが大きな間違いであるということなのです。

             


            もちろん自分でやれるに越したことはありませんが、大前提としてバレない復讐方法を探しているのではないでしょうか。


            自分でやれる範囲でというのが前提であれば特に問題はありません。


            要するにどちらが優先度の高いことなのかという話ですね。


            これが明確にならずに悩んでいても考えが迷走してしまうだけでしょう。

             


            自分でやることが前提なら、今のまま自分でやる方向性で色々模索していけば良いですが、実のところかなり難しいと思います。


            どうしても自ら動く以上なにかしらの痕跡が残りやすいですし、それだけバレやすいということです。


            その反面だれかに代行してもらう、例えば友人や復讐屋などが該当してきます。


            依頼をする方とターゲットに接点がなければ自分が首謀者だとバレる確率は最大限に低くなります。


            これを大きなメリットとして捉えるなら、やはり依頼する方向で考えた方が無難でしょう。

            | バレない復讐方法の考え方 | 14:14 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ