バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
バレない復讐をするなら間接的な方法は理想
0

    バレない復讐を自分でやるにはどうすれば良いのか、というジレンマめいたことを考える方は非常に多いです。


    そんな中で間接的に復讐してしまえばいいと思い至った方はかなり的を得ているのではないでしょうか。


    結局は自分で動くからバレてしまう訳で、逆に間接的な復讐をしてしまえば良い。


    考え方としては最適解なのではないかと思います。

     


    ただ事実として問題点というか懸念すべきところも存在しています。


    それが「誰に頼む(使う)のか」です。


    間接的にバレない復讐をするのであれば、誰かしらが間に挟まっていないと成立しません。


    その誰かが自分と直接つながっているかどうかに関わらず第三者が登場しないことには間接的とは言えません。


    友人や知人に頼むにしても交友関係からバレる可能性もあります。


    そもそもターゲットと仲がよく、そこからバレるリスクもあるでしょう。

     


    そうなってくると第三者が良いという結論になると思います。


    しかしどうやって依頼する?もしくは利用する?というところに詰まってしまうでしょう。


    解決策としては復讐屋などの復讐請負人です。


    完全な第三者でかつ復讐に長けている存在はこれ以外に選択肢がありませんから検討する余地はあるでしょう。


    ただし業者ですから相応のコストはかかります。


    そこまでして復讐する意味があるのか考える必要はありますが、第三者ですのでバレない復讐という前提は達成できるでしょう。

    | 間接的にバレない復讐をする | 16:02 | comments(0) | - |
    浮気が原因だとバレない復讐かどうかは大して関係ない
    0

      パートナーに浮気をされて復讐をしたい、でも関係各所にバレないようやりたい。


      そう考えている方の実数は分かりませんが少なからずいるというのは経験上把握しています。


      が、自分に非がない上に世間的に絶対悪になるであろうパートナーにバレないよう配慮する必要はあるのでしょうか?


      ここを配慮する必要がないなら慰謝料請求などの社会的制裁から復讐屋への合法的な依頼まであらゆる手を使って復讐することが可能になるというのに・・・!


      というのが個人的な考えなのですが、人それぞれ事情もあるでしょうから今回はバレない前提で復讐をするにはどうしたら良いかというのを考えていきます。

       


      まずバレないようにしたい相手が自分のパートナーにバレず復讐をするケースです。


      このような場合は制裁の対象が浮気相手になる訳ですので、素性を調べる必要があります。


      既婚者やパートナーがいる場合は、その相手に事実関係を暴露することで勝手に動いてもらうよう誘導することができます。


      その際に浮気相手への慰謝料請求をしない条件として他言無用を言いつけておけば殆どのケースで自分が首謀者だとバレない流れにできます。

       


      別のバレたくないケースとして世間体を考えて浮気の事実そのものを公にせず復讐したいのであれば、こちらの方がより簡単です。


      自分のパートナーに対しては今まで通りの生活を続ける代わりに好きなだけ私的制裁を行なってください。


      浮気相手に対しては弁護士を利用するのは構いませんが公的な書面を介さず送らずで示談の範囲内で好きに制裁を行なってください。


      弁護士事務所からの書面などが相手方に届くような流れはバレる原因となるので絶対に避けましょう。


      とはいえ弁護士がいないと話になりませんので利用はしておいた方が良いと思います。

       


      ここまでバレずに配慮して復讐していったものの、あまり満足いく結果になっていない場合は復讐屋という最後の選択肢になってきます。


      完全な第三者から復讐が実行されますんで、友人とどこか適当なところでお茶を飲んでいる間に復讐完了という流れにできます。


      究極的にはこれだけでも良いかとは思いますが、復讐屋も費用がかかるという性質上、慰謝料などを取ってから利用することで自分の懐を気にする必要がなくなるのはメリットではないでしょうか。

       

      | 浮気に対するバレない復讐 | 14:12 | comments(0) | - |
      バレない復讐というのは本当に存在する
      0

        バレない復讐をすることに意識がいってしまい本質的に恨みが晴れないというのは本末転倒ですが、バレない確証がないと実行できない方がいるのもまた事実でしょう。


        しかしバレない復讐というのは本当に存在するのかという疑問を、この手の方は常々考えていたりもします。


        そこで今回はどういうケースがバレない復讐なのかを考えていきたいと思います。

         


        そもそも結果としてバレなかったというのは、ターゲットが原因不明のネガティブな現象を体験したという意識になります。


        「なんで自分がこんな目に遭わないといけないのか・・・」とか、そもそもの理由が全く不明なまま被害を受けるという形、これがバレない復讐の着地点になります。


        逆にどれだけ精巧に計画を練っていても「もしかして○○が恨んでやったのか?」などと首謀者の候補が出てしまうような状況になると、リスクは高くなります。


        とはいえ首謀者と思われてしまった人物が全くの別人であれば良いので、そこまで危険度が増す訳ではありません。

         


        重要なのは自分の痕跡を全く残さないようにすることです。


        だからこそバレない復讐を本当にやりたいのであれば、第三者を使うべきなのです。


        友人知人では自分との繋がりがありますからリスクは高まります。


        しかし復讐屋などの完全な第三者であれば表向きの繋がりがなくなりますからリスクは極限まで下がる訳です。

         


        バレないようにしようとすると自分一人でと考えてしまいがちですが、それは誤りであると言わざるを得ません。


        本当にバレない復讐というのは自分が一切動いていない状態でアリバイもあるのに、復讐が進行している状態を指します。

         

        | バレない復讐は本当にあるのか | 20:28 | comments(0) | - |
        友人に対してバレない復讐がしたいなら先に人間関係を調べる
        0

          身近でかつ1回や2回くらい恨みを持ってしまうというのが友人という関係です。


          しかし友人だからこそ復讐しようにもバレないように、それが難しいなら諦めてしまうくらいのライトさがあるのも友人関係です。


          小さな恨みであれば、そんな流れでも良いかと思いますが比較的大きな恨みを持つこともあるのが友人という関係性の難しいところでもあります。


          そんな時に恨みを忘れようにも忘れられずモヤモヤしたまま数年付き合いが続くこともあるでしょう。


          結局のところ友人であってもバレない復讐ができるなら、やってしまいたいというのが本音のはずです。

           


          ではどうすればバレない復讐ができるでしょうか?


          答えとしては自分と友人の周りの人間関係をキッチリ把握した上で、その輪の外にいる方に動いてもらう必要があります。


          交友関係や仕事の繋がりなどを把握するのはなかなか骨の折れることだとは思いますが、自分を含めた輪の中にいる人物が動けばいずれバレます。


          バレないことを最優先に考えるなら避けては通れない道なのです。

           


          ただし抜け道もあります。


          明らかに第三者といえるであろう人物に動いてもらえれば何ら問題がなくなります。


          要するに復讐屋や復讐代行業者と呼ばれる方たちに動いてもらうことで人間関係の把握という骨の折れる作業をスルーできます。


          自分が知っている方がターゲットとも付き合いがある可能性に対して、ネットで調べた復讐屋がターゲットと付き合いのある人物である可能性は限りなくゼロに近いはずです。


          というかほぼほぼゼロといっても差し支えないかもしれません。


          バレない復讐をする為の大前提が、第三者に動いてもらうことである以上、復讐屋を利用するというのは必ず選ぶべきではないにせよ、必ず検討すべきことではあると思います。

          | 友人にバレない復讐をするなら | 14:00 | comments(0) | - |
          そもそも依頼すればバレない復讐が成立する
          0

            自分ではバレない復讐といっても何をすべきか分からない。


            なので復讐屋に依頼してしまおうと考える人もいる訳ですが、その選択肢は正解です。


            というか第三者に依頼した時点で自分が首謀者であると発覚する確率は最大限に小さくなります。


            それこそ依頼した業者がターゲットと友人関係など繋がりがない限り問題のない話です。


            そんな可能性はゼロに近いわけですから不安になる必要はないでしょう。

             


            そもそもの話、復讐屋に依頼をする方というのは理由が大体決まっています。


            ・自分がやったら確実にバレるほどターゲットと距離が近い(夫婦や親子など)

            ・自分でやろうにもどうすれば復讐できるか分からない

            ・やりたいことは決まってるが一人では実行しきれない


            殆どがこの3つのどれかになります。

             


            特に一番最初の距離感の問題というのは依頼しないことには始まりません。


            そしてバレない復讐を実行する上で最も大切なところですので、ある意味依頼せざるを得ないところでしょう。


            ここを依頼するコストなどを惜しんで自分で強行してもバレるのがオチですから。

             


            バレるバレないの線引というのは非常に難しいものです。


            一番の安全策を講じるのであれば自分は一切動かないというのが最善であることは反論の余地もありません。


            復讐がバレてしまうことで生じるデメリットやリスクと天秤にかけ、冷静に選択していくべきことですね。

            | バレない復讐を依頼する | 13:41 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ