バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
完全にバレない復讐を自分で実行することはできない
0


    バレない復讐をするなら完全にバレないよう実行すべきというのは当然のことです。


    しかし自分でそれを実行しても完全にはならないということに注意した方が良いでしょう。


    自分で動く以上、どうしても誰かに見られたり痕跡が残ってしまいます。

     


    ではどうすれば良いかといえば第三者の力を借りて自分が一切動かないで良いようにすることです。


    動くから痕跡が残るのであって、動かなければ痕跡が残らないのは当然のことです。


    その上で実行者と自分の繋がりを隠蔽し、アリバイを作っておけば辿られることはありません。

     


    完全に繋がりを消すのであれば赤の他人が動くことが最も望ましいです。


    要するに復讐屋などの特殊工作業者に依頼してしまうのが良いでしょう。


    相応のコストはかかりますが如何にバレないようにするかを考えると最上級の選択になり得ます。

    | バレない復讐の仕方を練っていくには | 22:01 | comments(0) | - |
    本気でバレない復讐をしたいなら他人に任せるべき
    0

      復讐をするからには誰もが本気で考えていると思いますが、バレない復讐というのをどこまで本気で考えているかというのは別の話です。


      中にはバレても良いと考えている方だっているでしょうしあわよくばバレないと助かるという考え方もあるでしょう。


      しかし本気でバレないように復讐したいと考えているのであれば、もう自分で実行することは考えないほうが良いでしょう。

       


      まったく見ず知らずの第三者が復讐に動けば自分との関連性がなくなるのでバレない復讐として最適な状況が生まれます。


      復讐屋を使うメリットというのは様々ですが、一番は関係ない者が動くからバレないというメリットです。


      だからこそ復讐屋の需要は絶えず、恨みがある限りこの需要がなくなることはないのです。

       


      もちろん信頼できる友人や知人にことを頼むという選択肢も確かにあります。


      ですがそれでは自分との関連性を絶てないため完全にバレないとはとても言い難いという状況です。


      どこまで本気でバレない復讐をするかは人それぞれの考えですから、自分の状況に合わせて考えていくことが大切です。

      | バレない復讐の仕方を練っていくには | 17:48 | comments(0) | - |
      バレない復讐の条件に内容の程度は関係ない
      0

        バレない復讐を意識するあまり、復讐方法や内容を大人しくしようとしていないでしょうか?


        結論からいえばバレない復讐というものに方法や内容の程度が関係してくることはありません。


        つまりは違うベクトルで復讐について考えていかないとバレない復讐を実現することは難しいでしょう。

         


        ではどういうことが必要なのかというと、後にも先にも「自分にたどり着かない復讐計画」が必要です。


        噛み砕けば計画の痕跡を残さないとか、証拠を残さないという言葉にも言い換えることができます。


        結局のところバレない復讐というのは痕跡を追っても自分にたどり着かなければOKなのです。

         


        そりゃバレないから当然だろうと思うのも分かりますが、重要なのは自分にたどり着かないことです。


        第三者が復讐を実行して痕跡が残ったとしても、それは自分にたどり着かないですから、この問題はクリアしています。


        だからこそ復讐屋などの代行業者に対する需要が減らないということにも言い換えることができます。

        | バレない復讐方法の考え方 | 23:59 | comments(0) | - |
        上司へのバレない復讐は会社の規模で決める
        0

          上司に復讐したいがバレないようにしたいというのは、平穏な社会人生活を継続していく中で当然の考えといえます。


          しかしどうすればバレない復讐になるかは自分と上司の関係性というよりかは会社の規模感で妥当な対応が変わってきます。

           


          例えば中小企業づとめだと周囲の距離感というのは非常に近いものであるはずです。


          それこそ平社員が社長と話すことさえできる会社もあるくらいですから、誰かが何かをやればバレやすいということになります。


          しかし大企業だと自分の周りにあるコミュニティは会社のごく一部ということになりますので、例えば不正を法務に密告するなどもバレずにできます。

           


          そういった自分の環境や状況を見て、何をすべきか検討していくことが上司に対するバレない復讐の第一歩です。


          自分一人でもどうにかできそうであれば計画を立案して実行までこぎつけるもよし、


          なかなか自分では難しいということなら復讐屋などの第三者に代行してもらうのもアリです。


          どんな会社規模であっても第三者の行動が自分とつながっているというのは依頼した相手にしか分かりませんから、リスクを抑える一手にもなるのです。

          | バレない復讐方法の考え方 | 13:23 | comments(0) | - |
          バレない復讐をするために重要なこと
          0

            バレない復讐をしたいのであれば重要なのは考え方の問題だったりします。


            そもそもキッチリとバレない復讐をするための計画が出来ているのであれば、そんな心配は既にしていません。


            つまりバレない復讐どうこう考えている内は、まだ計画が不十分だということです。

             


            一言でバレないといっても形は様々で自分が復讐を首謀していること、それを相手に知られないことが大前提です。


            細分化してくるのはここからで、何をもって相手に知られるかということがとても重要になってきます。


            自分が復讐を実行しているところを相手に見られるのはもってのほかですし、関係者に見られるのもダメでしょう。


            見られるだけでなく何かしらの痕跡を把握されてしまうのもアウトとなります。

             


            結局のところ自分であまり動かない方が良かったりするので、復讐代行という形をとる方も多いです。


            ですが全てのケースで使った方が良いという訳ではなく簡単な選択肢として存在しているといった方が良いでしょう。


            相応のコストもかかりますから小さな復讐で使うのはどうかと思いますし、バレたくないがなんとしても遂行したい時に有用かと思います。

            | バレない復讐の仕方を練っていくには | 21:12 | comments(0) | - |
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + SELECTED ENTRIES
            + ARCHIVES
            + RANK
            + MOBILE
            qrcode
            + OTHERS
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            + PR
            このページの先頭へ