バレない復讐

バレない復讐というのは少し考え方を変えるだけで容易に実現することができます
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    バレない復讐は存在するし、至って方法もシンプルである
    0

      バレない復讐という視点から考えてしまうと、何か非常に難しいことを模索しているような錯覚に陥ってしまうもので、存在すら疑わしくなったりもするでしょう。


      しかしシンプルに考えればバレない復讐というのはそこまで難しいものではありませんし、誰にでも思いつくことはできます。


      もちろんそこから実行可能なものかどうかというのは考慮する必要がありますが、バレない方法がシンプルなものであると理解できたということは一歩前に進んだということです。


      一歩ずつ次に進んでいくことによって物事は解決しますから、その一歩は無駄ではありませんし有意義な一歩であることは間違いありません。

       


      どういう考え方がバレない復讐には必要かというと、「実行してバレないか」ではなく「相手に実行者が分からない方法」がどういうものか、相手視点で考えることが大事です。


      自分でアレコレやって相手にバレないかという自分目線で考えてしまうと、都合よく解釈したり歪んた想定でものごとを考えてしまい、結果としてバレます。


      そうではなく相手からすればこうされたら実行者が分からなくなるだろうという相手目線の想定を行なうことによってシンプルに計画を構築していくことができます。

       


      あとは自分でそれを実行することができるのか、また誰かに実行してもらうとして候補はいるのか、などなど次のステップに進むことができるわけです。


      バレない復讐というのはとても理想的なものに聞こえますから、さぞかし大変なのだろうと錯覚してしまうのも無理はありません。


      しかし合法的な復讐というのがごくごく普通であるように、バレない復讐というのもイメージとは真逆でシンプルに考えることができんです。

      | バレない復讐は本当にあるのか | 20:45 | comments(0) | - |
      バレない復讐は時と場合によって不可能なケースもある
      0

        どんな場合においてもバレない復讐というのが可能ということではなく、それ自体が不可能なケースも存在します。


        例えば職場での復讐を計画したとして、相手からすれば恨まれるような人物が自分しかいない場合というのは非常に難しいものとなります。


        どれだけ物的証拠がない状態でも思い込みというのはありますから、表面上バレていないとしてもバレない復讐とは言えません。

         


        また職場内の機器を使って復讐を実行しようとする時は注意すべきで、大きな会社ほど誰がなにをしたのか分かるようになっています。


        あくまで職場内で復讐をしようとした場合、ということになりまので回避策としては復讐の話を職場絡みの会社外でなど、方法がないこともないです。


        しかし復讐というのは自分が納得いく方法でこそ恨みが晴れるという側面もあるので必ずしもその回避策が正しいとも限りません。

         


        バレない復讐が可能な場合というのがケースバイケースであると同時に恨みが晴れる復讐方法もケースバイケースとなります。


        それぞれの復讐がごく限定的なものであるということが一番の理由ですが、なによりも復讐を実行する自分自身が復讐に対して経験不足というのもあるでしょう。


        復讐屋などを介入させれば解決することもありますが、あくまで手段の1つとして考えて色々な選択肢を検討してみると良いかもしれません。

        | バレない復讐は本当にあるのか | 22:04 | comments(0) | - |
        バレない復讐をする時にとるべき行動とは
        0

          バレない復讐バレない復讐と考えていても、どんな行動をすればバレないか分からないという方は既に迷走が始まっています。


          そもそもバレない復讐である必要性や、ターゲットの視点から逆算することによって意外とスムーズに分かるものなのです。

           


          まず極論をいえば「何も行動しない」ということがバレない復讐につながると思って良いでしょう。


          具体的には自分が何も行動しなければ相手からすれば自分が復讐をしたという証拠がありませんから、バレようもありません。


          もちろんリスクはそれなりにあって、実行者から芋づる式に・・・というリスクがないとは言えません。


          とはいえ復讐屋など、どう考えても実行者と自分の繋がりが見えない間柄であれば良いので気にするほどのリスクということでもないのです。

           


          結局のところ相手が自分の復讐だと認識するかどうかがバレない復讐にできるかどうかの分かれ道と言えます。


          かなり卑怯な手段でオススメはしませんが全然関係のない人物の仕業にしてしまうという手段でも良いということになるのです。


          極端な話、復讐屋に依頼をしてしまえば実行者は無関係の人物になりますからスムーズな解決策といえば、そうかもしれないということですね。

          | バレない復讐の仕方を練っていくには | 19:50 | comments(0) | - |
          浮気相手にバレない復讐をするメリット
          0

            パートナーの浮気を原因とした復讐というのは、基本的に大々的に周りを巻き込んで遂行していくものです。


            例えばパートナーの両親や職場、浮気相手の親族や職場などに事実を叩きつけて大事にした方が慰謝料やターゲットの離職などを達成できます。


            が、世の中には公にせず内密に話を進めつつも復讐はキッチリとしたいというケースも確かに存在しています。

             


            まず浮気相手に対してバレない復讐をするメリットというのはただ1つで、バレない方が自分にとって利益があるというケースのみです。


            パートナーと別れるなり離婚はしない方が自分にとって得だとか、浮気相手がパートナーの上長もしくは目上の組織の人物といった場合です。


            このような場合は大事にせず粛々と進めることによって今の関係性は壊さずに復讐のみを達成したいということになるでしょう。

             


            では具体的にどのような方策が取れるかというと、慰謝料というものは自分が出ていかないことには始まりませんから除外すべきです。


            例えば浮気相手とパートナーが密会している写真を撮影した上で、差出人不明で浮気相手に送りつけるなどが良いかもしれません。


            しかし個人でやれることというのは限界がありますから、そのような方法で恨みが晴れないのであれば復讐屋などの第三者を活用すべきかもしれません。

            | 浮気に対するバレない復讐 | 17:13 | comments(0) | - |
            バレない復讐であっても最初で最後のラストチャンスということではない
            0

              バレない復讐を前提に色々と考えていると、一回きりしか実行できないと勘違いしてしまうことも多いでしょう。


              しかし実際のところ最初からラストチャンスということではなく、動きさえ間違えなければ何度かチャンスは存在します。


              それ以前にラストチャンスだからと気張ってしまい、失敗してしまうことの方が問題なので実行する時はリラックスした方が良いです。

               


              まず前提条件として失敗してもバレない復讐というのを計画しておくことが、このケースにおいては最重要事項です。


              結局のところ復讐の成否に関わらず「誰がやったのか分からない」という状況にすることが大切なのです。


              一つの選択肢として見ず知らずの復讐屋などに頼むというのも、それだけでこの問題をクリアできるからこそ重宝される訳です。

               


              バレない復讐がしたいなら復讐屋を使えということではありませんが、当事者と関係ないところからアプローチできることは非常に有利です。


              これを利用することで何度も復讐をすることができますから、要するに追い打ちをかけることすら可能になる訳ですね。


              恨みの度合いが大きいと何度も何度も恨みを晴らすために行動する必要がある場合も存在しますから、選択肢の一つとしてはやはり大きいでしょう。

              | バレない復讐の仕方を練っていくには | 20:18 | comments(0) | - |
              + CATEGORIES
              + LINKS
              + SELECTED ENTRIES
              + ARCHIVES
              + RANK
              + MOBILE
              qrcode
              + OTHERS
              無料ブログ作成サービス JUGEM
              + PR
              このページの先頭へ